忍者ブログ
From .05.MAY.2009
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【11月22日の「今回の『白馬地震』の被害者の方々には心からお見舞い申し上げます」日記】
 長野県白馬には学生時代に、我らがK大漫研が非常にお世話になった長瀬の喫茶店『サンセットイン』の経営者御夫婦が同じく経営されておられるペンションがある。
 この度の地震の一報後直ぐに気の利く後輩☆から、その白馬のペンションの安否を心配する連絡が入った。
 ああ、報道であまり死傷者が発生していないような感じだったので、すっかりそちらの方の心配りがすっぽ抜けちゃっていたのを猛反省。
 慌てて『ペンション・サンセットイン』の情報をネットで収集。
 FBでのペンションの登録ページで
ご心配おかけしております。
余震続いておりますが、今のところ当宿での被害はでておりません。
ご報告までに。

  とのメッセージを確認。
 安堵の溜息と共に胸を撫で下ろす。
 ☆はよく気の付く、毛深いクセに肝心な処が●●た生き物(creature)だ。
 我が後輩として恥じる事無いpreacherだイェイイェイ♪
 
 


 

 
(閑話休題)
 会社のお仕事では長時間の自動車の移動が必要とされている。
 そこで出勤時には夏場は冷たい麦茶、冬場は温かいお茶をいれた水筒を持参している。
 コンビニで毎回ペットボトルを買うよりも、長時間の水(湯)温を維持できる利点がある。

 今朝も温かいお茶を入れた水筒を持って出勤。
 愛車V-MAX(BADsMAX号)のリアシートに荷物として水筒を括り付けた。
 早朝の奈良三条通を二桁ぎりぎりスピードで駈け抜ける。
 「ガランガランガラン!」
 異音に気が付き急制動!
 すると愛車の真横を銀色の水筒が追い越して行った。
 あ、
  愛車のリアシートへの水筒の固定が甘くて、落っことしちゃった。
 
 流石「酸素魚雷」を世界で一番早く実用化した「日本製」の水筒だけあるわぃ!
 推定「ゆえkm/h」の信じられない公道上のスピードのベクトルが作用した為、一直線に進行方向へ向かって一直線にスッ飛んでいきおったテヘペロ♪

 って「テヘペロ」ぢゃ済まねぇよ!
 気が付いた後ろの車からはクラクション鳴らされたけど、幸いなことに我が暴走する水筒は車にも通行人へも被害を与えることなく、路肩にその無残な姿を晒す事となった。
 もぅ全体の表面は凸凹だわ紐は千切れれてるわ底の樹脂部分は無くなっているわ…。
            
         


 こんど「水筒」買わなくっちゃ。
  また いらん出費が嵩むがな…
PR

【4月16日の「あくまで『伝聞』なので一切責任持たんよ、ワシャ…」日記】
 この前、出張先の温泉施設内サウナルームで聞いた見知らぬオッサン同士の会話でのおハナシ(実話)
  (註:筆者の記述しやすいように「関西弁」を用いていますが、実際はその地方の方便が用いられておりました)

「あんさん『太陽光発電』って知ってるか?」
「ああ『ソーラーパネル』とかいう黒い板を屋根に乗っけてるヤツやろ」
「そやそや。 アレな、家で必要な分だけを使うて所謂『余剰発電力』ゆうのんを電力会社に売れますって宣伝してるな」
「確かに言うてまんな」
「せやろ? せやけどな、本当は意味がちょっと違うらしいねんで」
「ほう、どない違うん?」
 「あれな、自分の家で発電した電気を一度、先に全部『電力会社』に売ったことにして、自宅で実際に使った分を後で差し引きして支払うてるんやて」
「ん? CMで言うてる通りちゃうのん」
「いやソコやがな。実はウチの近所にものその『太陽光発電』してる家があってな、こないだ町内が全部
停電になったんや」
「ふむふむ、それで?」
「ワシな、その時偶然にそのお宅の前を通りかかってん。その家の人が表出てはったから声掛けさせてもろたんやわ。
 ヨロシなぁ、お宅さんは『太陽光発電』でっしゃろ。 『停電』関係おまへんなぁって」
「それはうらやましいがな」
「ところがちゃうねんて。 そのお宅の人が言うには
 ナニ言うてはりますのん。ウチは電気を一度『電力会社』に売ってる形ですさかい、付近が『停電』になったら、一緒に『停電』して
真っ暗でっせ…やて」

 ここまでサウナの中で汗をかきながら一緒に黙って聞いてた5~6人の知らぬ者同士が大爆笑
 私もつられて笑うた笑うた♪
 思わずオチを勝手に言うてしまいました。
 
「そーらー『意味』おまへんなぁ」
 

【10月13日の「そんな親父の今際の際(いまわのきわ)の最期の言葉も『ああ、シンドいわ…』でした」日記】
 石川県金沢市で目覚める。
 昨夜は酔っ払っちゃって、ホテルの個室部屋に戻るなり「バタンキュー」って気を失うように寝てしまった。
 疲れてたんだネ♪

 さて「目覚まし」と「髭剃り」も兼ねた『早朝おめざ屋上展望温泉』から上がったあと、TVを点けてみると何処のチャンネルを回しても『チリ鉱山落盤事故救』の救出生中継ばっかり。
 その時、
 ふとその時、今は亡き「親父」の『とある言葉』が頭の中を過った。

 私の亡き父親は長い間「土木」の現場の『監督』の第一線で活躍してきた。
 家庭では非常に寡黙な父親だったが、そんな親父がある日、ふと私に漏らした言葉があった。
 「(鉱山夫の事を)『山の男』『やまのおとこ』って(マスコミ等が)持ち上げるが、アイツら そんなに大したコトあらへんで!
  鉱山が次々潰れて、仕事がなくなったから雇うてくれ云うてきよったが、いざ『地面(地上)』で働かせてやったら、すぐ「しんどい、シンドイ」云うてバテやがる

   
なんでか判るか?
    アイツらが日頃働いてたんは、暗ぅて狭いけんど年がら年中『一定の温度』の場所や。
   いわば『冷暖房完備のホテル』みたいな処で働いとってん。
  そんなもん、暑い寒いが当たり前の普通の地上の『ゲンバ』でマトモに動けるかいな!」
 その親父も昔気質の古い仕事人間で言うこと全て「正論」ばかりではなく、かなり「差別」「偏見」などに満ちた発言も多い(その言葉などに)やや粗暴な一面も持つ男だったが、その時は「なるほどなァ…」と思ったコトを思い出したワケだ。
 
 いや、上記のニュースは非常に目出度く喜ばしい「吉報」で、別にそれにケチをつけようってワケではないんですよ♪
 ただ、ふと「亡親父」を思い出しただけでさぁ。

 新任の「課長さん」と富山県富山市まで同行疾走し、帰社したのは午後九時半を過ぎた頃。
 全走行距離は二日間で「757㎞」ばかし…

                            072f2e79.jpg

【5月17日の「忘れられない台詞は、兄が彼女を呼ぶ時の『ノンノン、ノーンノン!』by 故・広川太一郎」日記】
 山陽地方出張中、広島のAMラジオで聴いた最新の話題。

ムーミン』北欧初の3D映画に!主題歌は歌姫ビョーク!【第63回カンヌ国際映画祭】
 映画『アバター』の世界的ヒットで3D映画が続々制作される昨今、ついに世界的アイドル「ムーミン」も3D戦争に参戦することが分かった。
 タイトルは『ムーミンズ・アンド・ザ・コメット・チェイス』。地球に彗星が向かってくるという事態が起こりムーミン谷も大騒ぎ。どうやってその危機を乗り切るのか? という『ムーミン谷の彗星』を原作にしたアドベンチャー大作だ。主題歌を、大のムーミンファンというアイスランドの歌姫『ビョーク』を歌い、映画『シャッターアイランド』のスウェーデン出身俳優マックス・フォン・シドーがナレーションを務めるなど、北欧初となる3D映画を北欧スターが全面サポートする。


 この記事を私より一世代若いくらいの女性DJが紹介している途中、このような発言があった。
 「『ムーミン』のガールフレンドノンノンって可愛いですね」
 しばらくするとリスナーからメールが殺到した。
 「『ムーミン』の彼女はフローレンです」

え?
  じゃあ『ムーミン』は『ノンノン』と破局しちゃったの?
 あんなに仲がよさそうだったのに、非道いヤツだなぁ>ムーミン
 それとも、まさか『ノンノン』は兄弟揃って「人間」に銃で撃たれて非業の死を遂げちゃたとか?
 混乱するDJさんとワシ。

 広島県尾道の宿に着くと、急いでPCを立ち上げWikipediaにアクセスした。
☆スノークのお嬢さん(典: Snorkfroken、芬: Niiskuneiti)
 (声 - 武藤礼子/かないみか/永田亮子)
 スノーク族というムーミン族に似た生物の娘であり、兄はスノークである。体色は普段は薄い黄色だが気分により変化する。前髪があるところがムーミンと異なる。金の足環を身に付けている。ムーミントロールのガールフレンド。
 原作の『ムーミン』シリーズでは、「スノークのお嬢さん(スノークのおじょうさん)」と呼ばれているだけで名前は設定されていない。初期のアニメ版『ムーミン』では監督の妻の愛称から『ノンノン』と名前がつけられた。しかし原作者から"no"や"non"などの否定的な意味に取れると苦情があったため、アニメ版『楽しいムーミン一家』ではお嬢さんを意味するフローレンという名前となった。
 『ムーミン谷の彗星』にて初登場。巨大食虫植物アンゴスツーラに襲われているところをムーミントロールたちに救われる。ムーミントロールは、彼女が以前落とした金の足環を拾っており、それを渡すことができて喜んだ。これが切っ掛けで彼女はムーミントロールのガールフレンドとなり、彗星を避けるために兄妹はムーミン谷へ同行し、移り住むことになる。

 せ、せやったんかぁ~~
 今の世代に『ノンノン』が通用しない理由が分かったゼ。

 さて貴方は『ノンノン派』?
  それとも『フローレン派』?



忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新記事
(02/14)
(02/12)
(02/09)
(02/08)
(02/07)
最新トラックバック
(09/26)
(08/09)
プロフィール
HN:
BADsMARU
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1959/08/18
職業:
さまよえる会社員
趣味:
快楽追求派
自己紹介:
GUN, MUSIC, MOVIE, BIKE, COMIC, PUSSY CAT LOVE LOVE !!
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(05/05)
(05/06)
(05/07)
(05/08)
(05/09)
P R
アクセス解析