忍者ブログ
From .05.MAY.2009
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【12月24日の「『夢中』なんてもんぢゃねぇ!『夢中』になれるモノを『夢中』で探している途中なんだぜ」日記】
 月曜の朝、目覚めの布団の中で微睡みつつスマホでtwitterのチェック。
 昨夜の深夜から『BABYMETAL』チャンたち関係のツゥィートが多い。
 フォローさせていただいている『うしじまいい肉』女史からも『BABYMETAL』関連番組の感想が挙がっていた。
 「関連番組?」
 飛び起きてネットでチェック。

『BABYMETAL現象 ~世界が熱狂する理由~ - NHK』 
メタルとアイドルの融合というコンセプトで世界を熱狂させる3人組BABYMETAL。番組では先月行われたロンドンライブの模様を中心に、世界的な人気の秘密に迫る。
12/21(日)24:25~25:05


 、うわぁぁぁ~!
 この私とした者が見損ねちゃってる!

 
 次の日の夜、知り合いの☆のつぶやき。
「NHKで深夜にやってた「BABY METAL現象」を視聴中。」

 如何にもこのオレ様を標的としたと思われる「つぶやき」が小憎たらしい。
 さっそく☆に連絡を入れてみた。
 「録ってた録ってた?焼いて焼いてDVDに焼いて」
 すぐさま返答有り
 「もう一度観たから消したったりましたわwww」
FUCK!!
 KILL★!!


 再放送の予定なし。
 しかしこの程度でメゲるBADsMARUサマぢゃ御座いませんコトよ。
 いま世間で話題の最新技術「いんたねと」とやらを駆使して『BABYMETAL現象』の録画動画を漁る。
 最近「版権」に厳しい「ようつべ」「にこど」はほぼ壊滅。
 ただ「vimeo」というあまりよく知らない動画投稿サイトに一件だけHITした。
 ラッキー
 でも日頃ワシが使用している動画DLソフトには対応してねぇ。
 VIMEO対応DLソフト探しから始めなければならない。

 幸いなことに様々な艱難辛苦の果てに『BABYMETAL現象』の動画のGETを果たせた。
 可愛い可愛い「YUIMETAL」チャンの顔付がどんどん「オトナ」になっていくのが、嬉しいやら悲しいやら。

 番組内でも取材されているイギリスの老舗ヘビメタ専門誌「KERRANG!」のピンナップはコレ↓ 

 

 彼女達が本格的に世界に羽ばたこうとしている証拠なのだ。

 vimeo URL
  http://vimeo.com/115125798
PR
【12月05日の「同行歳末挨拶ツァー五日目」日記】
 高知県高知市で目覚める。
 「ぴょん吉」との『同行歳末挨拶ツァー最終日』!
 今日は徳島へ移動してお仕事を完了させ、サックリ帰社しようと事前に二人で悪だくみの数々。
 高知近郊でのお仕事終了後、「高知自動車道」は降雪のため通行止めなので、仕方なく下道の32号線で北上。徳島県入りを目指す。
 大歩危小歩危を通り抜け、あと少しで処で大渋滞に巻き込まれた。
 32号線上の電光掲示板には「192号線積雪のため通行止め」
          
                                          
 ふぅ~ん…

  四国のヒトはあんまし雪降らないから、日頃から「スタッドレスタイヤ」なんて履いてないんだよねぇ…なんて呑気な会話を交わしていたのは数十分だけ。
 その後の渋滞もしくはノロノロ運転に二時間以上つき合わされれば、互いに機嫌も悪くなるっちゅうねんってもんさ。
 
 そんな時に「発動」する、とあるどす黒い野望企画が存在した。
 この一週間、自称「へびめたファン」と名乗る「ぴょん吉」にひたすら某グループの楽曲を聴き続けていたのである。
 熱心な拙日記読者なら既にピン!と来られた方も多いと思うが、
 『BABYMETAL』DEATH !!
              http://ja.uncyclopedia.info/wiki/BABYMETAL

 同行挨拶ツァー開始の日から毎コ午後五時を持って「BABYMETAL-TIME!!」との宣言により、後は車内で延々とBABYMETALの楽曲もしくは我がスマホに録り溜てある動画を聴き観せられる苦行の日々。
 しかし何たる不思議な事か、そうするうちに最初は「なんですのん、この偽ヘビメタ風イロモンアイドルはぁ?」と怒り狂っていた彼も、やがて「この『紅月〈AKATSUKI)』って「Xjapan」を彷彿させる曲っスね」とまで理解を示し始めた。
 遠征最後の方は二人して、全ての会話の終わりが「~~なのDEATH!!」という「BABYMETAL会話」に終始し、『紅月〈AKATSUKI)』を繰り返し聴いては互いにソッと顔を背け密かに涙するまでに至ったのだ(本当は『ギミチョコ!!』の方が好きなんだけど…)」 。

 『〇〇コン〇リート工業社内重低音「幼鋼」愛好会』
の発足の瞬間である。

 
 それは二人して疲れ果て這う這うの態で本社に生還した時に「次回はLIVEのモッシュッシュビットで高く「おキツネ様サイン」を二人で掲げようでわないかっ!」と拳を交わし合い固く約束するほどでもあった。

 
 それではお届けしよう。
  これを聴いて何も感じない「音楽ファン」「ROCKファン」はモグリだっ!
 BABYMETAL 紅月
     
【10月14日の「日記ネタがイマイチな時は『YOUTUBE音楽動画』で誤魔化しちゃえ!」日記】 
 会社から帰宅してサッカーを観る。
 「対ブラジル戦」
 大方の予想通り「ネイマール祭」で惨敗。
 今回はシンガポール開催ということだが、今度は何時か日本でも開催する機会はあろう。
 その時こそ雪辱戦。
 先日の韓国の仁川アジア大会の講堂のように、日本のハイテク技術を駆使して最大の効果を上げると宜しい。
 例えばゴールの幅を自国ゴールのときは狭くして得点しにくく、相手ゴールはちょっとづつ広くして得点し易くする!
 TV中継やビデオ撮影はハッキングテクニックとCG加工技術を駆使して、その痕跡を隠蔽する。
 もちろん日本の観客は見て見ぬふりだ!

 これで「アギーレJAPAN」も安泰だネ♪
 
 


 っちゅうワケで、我が青春の珠玉の名曲
 「りりィ」さんのJUNをお楽しみ下さい。

  https://www.youtube.com/watch?v=2ge5KKcllV8




 ところで日記タイトルを「睾丸」と読み違えた人は、後で職員室に出頭されたし
【9月08日の「チェケナチョコレィトチョチョチョ♪」日記】
 ~~…!   
  もう先週末は『BABYMETAL』をヘビロテ!
 「ギミチョコ!!」はもう踊れるくらい覚えた!
 YUIMETAL(向かって左の娘)はもう前身の体毛が逆立つくらい可愛い! これは問題である!!
 
     https://www.youtube.com/watch?v=WIKqgE4BwAY

 夕方、酒を呑みながらTVで『もやもやさまーず2』を観ていると、次週予告で大竹がM60重機関銃電動GUNを撃っていた。
 場所は「吉祥寺」。
 ありゃ?と思い、吉祥寺シューティングBAR『EA』のオーナーであるパイセンに連絡をしてみた。
                                             

 「来週の『もやさま』に出て来るの『EA』ちゃいますのん?」
 「そや」という粗野な御返事。
 来週の『もやさま2』は必見である。

【6月04日の「日記タイトルは『忘八』ではないので、為念」日記】
 中国地方は「梅雨入り」して、朝から雨。
 気温も上がらず助かる。
 営業車で仕事の移動中に地方のローカル中波放送を聴いていた。
 
 男女ペアのアナウンサーがパーソナリティとなり、正午から始まる番組。
 話題が何故か昔放送されていたTV番組『あばれはっちゃく』の話題となる。
 『あばれはっちゃく』は1979-1985年にはテレビ朝日系列で毎週土曜日に30分番組のテレビドラマとして放送された。「桜間長太郎」という少年を通して様々な家庭・学校問題を描いた。
 
 女性パーソナリティが「番組内容はよく覚えていないが、主題歌は覚えている」と言いだし、その「主題歌」を朗々と歌いだした。
 「あばれはっちゃく
   鼻づまり~」
 

 
 ??
 「鼻詰まり??」
 そんなおかしな歌詞だったかな?
 
 暫くしてその番組にリスナーからのメールが次々到着したという。
 その内容は
 「女性パーソナリティさんへ。
   正しい歌詞は
 『あばれはっちゃく
   鼻つまみ~♪ですよ」というものが大半であった。
 
 番組内でその女性パーソナリティは
 「わたしもう三十年近く『鼻詰まり』だと信じ切っていたのにぃ~!」と赤面することしきり。 それを大笑いして聴いていた。

 
  https://www.youtube.com/watch?v=TRXwreVcLSM

 うんうん。
  確かに『鼻詰まり』と聴こえないこともないよなぁ。

 主題歌を歌うは「アニソン女王『堀江美都子(ミッチ)』」である。 魅惑のフトモモは現在も健在である。
 
                                                          

 
 
 ところで「あばれはっちゃく」といえば、番組内で主人公が片思いする美少女「マドンナ(宮村ひとみ役)」として『早瀬優香子』が出演している。
 彼女は後(1986年)にシングル「サルトルで眠れない」、アルバム『躁鬱 SO・UTSU』でシックスティレコードより歌手としてデビュー。おニャン子クラブ等の作詞を手がけ、当時飛ぶ鳥を落とす売れっ子だった秋元康がプロデュースを手がけた。
 アンニュイな歌い方で好きだったなぁ。
 LPアルバムはもちろん、LDなんかも持ってるぞ。
                                 
 

  https://www.youtube.com/watch?v=YwAWpHVs-Ec
 
 
                     



忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新記事
(02/14)
(02/12)
(02/09)
(02/08)
(02/07)
最新トラックバック
(09/26)
(08/09)
プロフィール
HN:
BADsMARU
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1959/08/18
職業:
さまよえる会社員
趣味:
快楽追求派
自己紹介:
GUN, MUSIC, MOVIE, BIKE, COMIC, PUSSY CAT LOVE LOVE !!
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(05/05)
(05/06)
(05/07)
(05/08)
(05/09)
P R
アクセス解析