忍者ブログ
From .05.MAY.2009
[530] [529] [528] [527] [526] [525] [524] [523] [522] [521] [520]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【10月13日の「そんな親父の今際の際(いまわのきわ)の最期の言葉も『ああ、シンドいわ…』でした」日記】
 石川県金沢市で目覚める。
 昨夜は酔っ払っちゃって、ホテルの個室部屋に戻るなり「バタンキュー」って気を失うように寝てしまった。
 疲れてたんだネ♪

 さて「目覚まし」と「髭剃り」も兼ねた『早朝おめざ屋上展望温泉』から上がったあと、TVを点けてみると何処のチャンネルを回しても『チリ鉱山落盤事故救』の救出生中継ばっかり。
 その時、
 ふとその時、今は亡き「親父」の『とある言葉』が頭の中を過った。

 私の亡き父親は長い間「土木」の現場の『監督』の第一線で活躍してきた。
 家庭では非常に寡黙な父親だったが、そんな親父がある日、ふと私に漏らした言葉があった。
 「(鉱山夫の事を)『山の男』『やまのおとこ』って(マスコミ等が)持ち上げるが、アイツら そんなに大したコトあらへんで!
  鉱山が次々潰れて、仕事がなくなったから雇うてくれ云うてきよったが、いざ『地面(地上)』で働かせてやったら、すぐ「しんどい、シンドイ」云うてバテやがる

   
なんでか判るか?
    アイツらが日頃働いてたんは、暗ぅて狭いけんど年がら年中『一定の温度』の場所や。
   いわば『冷暖房完備のホテル』みたいな処で働いとってん。
  そんなもん、暑い寒いが当たり前の普通の地上の『ゲンバ』でマトモに動けるかいな!」
 その親父も昔気質の古い仕事人間で言うこと全て「正論」ばかりではなく、かなり「差別」「偏見」などに満ちた発言も多い(その言葉などに)やや粗暴な一面も持つ男だったが、その時は「なるほどなァ…」と思ったコトを思い出したワケだ。
 
 いや、上記のニュースは非常に目出度く喜ばしい「吉報」で、別にそれにケチをつけようってワケではないんですよ♪
 ただ、ふと「亡親父」を思い出しただけでさぁ。

 新任の「課長さん」と富山県富山市まで同行疾走し、帰社したのは午後九時半を過ぎた頃。
 全走行距離は二日間で「757㎞」ばかし…

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[01/31 時計コピー]
[11/29 BadsMaru]
[11/28 NONAME]
[06/18 石田達也]
[04/16 Awaftma]
最新記事
(10/22)
(02/14)
(02/12)
(02/09)
(02/08)
最新トラックバック
(09/26)
(08/09)
プロフィール
HN:
BADsMARU
年齢:
60
性別:
男性
誕生日:
1959/08/18
職業:
さまよえる会社員
趣味:
快楽追求派
自己紹介:
GUN, MUSIC, MOVIE, BIKE, COMIC, PUSSY CAT LOVE LOVE !!
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(05/05)
(05/06)
(05/07)
(05/08)
(05/09)
P R
アクセス解析