忍者ブログ
From .05.MAY.2009
[1] [2]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【11月17日の「『尖閣諸島沖で起きた中国漁船衝突のビデオ映像流出事件』で、今から30年以上前に「犯人」を示唆した内容の歌を歌っていたアイドルがいた!」日記】
 『自衛っ隊♪
   自衛隊~♪』

   (by中森明菜「少女A」)
    (歌謡曲ネタが続いてるなぁ)



 山陽広島方面から東へ進撃。
 某古書店で、ここ数十年来探し求めていた「雑誌」を見つけ狂喜乱舞して購入。
 玩具専門誌クールトイズ創刊号 Vol.1』
 1999年創刊のこの雑誌。 内容的には別にどうということはないのだけど、何といっても特筆すべきは「表紙」!
 最も輝いていたころの「広末涼子」。
 数ある彼女が飾った様々な雑誌等「表紙」で、私が一番好きな「一枚」なのだ。
フォト 67d92764.jpg
 膝小僧から細い細い足首につながる健康的なラインの美しさといったら……(胡坐座りマニア)


 夕刻、岡山県倉敷市の定宿「倉敷アイビースクエア」にチェックイン。
 その後、夕食はアイビー西門を出てすぐ左の「美観地区」にあるお好み・鉄板焼『煉瓦亭』へ。
 この店はここ数年来、毎年恒例だった年末~新年家族旅行で大晦日に必ず訪れるお店。 お店のスタッフの方々にも顔を覚えていただいており、年末が近づくと「今年は来られるのですか?」と尋ねられたりもしていた。
 ところが今年は娘の大学受験やらなんやらで「歳末家族旅行」は中止。その件を報告しに立ち寄ったのである。
 私ゃこういうヘンな処に「義理堅い」のだ。
 「それは残念ですね」と言っていただいた代わりに(?)、「スジ煮込み」「スジネギ鉄板焼」と生ビールを発注。
 このお店は安くて美味しいよ。 お近くにお立ち寄りの節はどうぞ♪
  http://r.tabelog.com/okayama/A3302/A330201/33001006/
 

PR

                                                    2010.02.11.JPG

【2月11日の「雨の降る日の猫は眠そう」日記】
 雨の降っていない午前中にサービス出勤と散髪を。
 帰り道にレンタルビデオ屋に寄る。
 『PerfumeのHAPPYで気になるシャンデリアハウス Vol.1~3』
 午後からの雨降りそぶる午後、この面白いのか面白くないのかよく判らないDVDをダラダラと観て過ごす(「新作」で二泊三日レンタルなので、眠気と闘いながら結構必死で観ました)。
 『Vol.3』だけが面白かった(「シャンデリアハウス」以外の番組も収録されている)。
 良かった。買わなくて。
☆最近の散財浪費ハンター
 ・『ジャクリーン・ビセット直筆サイン
  可愛い可愛い『ジャッキー』のサイン入りポートレイト。
  写真の左下にマジックの直筆サイン。 保証書付。
  いや、もーコレ(サイン)が本物かニセモノかナンて気にしないもんネ♪
  ジャッキー可愛いよジャッキー。
  でもこの写真。 もっと他に選択の余地、無かったんか? ジャッキー?

                                                JB2.JPG

 ・『KARAMI37[小澤マリア〕』
  これが安いのに結構よい写真集で吃驚。

    TATOO入れる前の写真かな。
  定価1000円の処「新古本」で500円で購入。
  お薦めです。

                                                       d9257a94.jpeg

 ・『sabra【サブラ】2000.11.09 012号』
  「真中瞳」嬢の素晴らしすぎる表紙。 これぞ永久保存版。
   ちなみに表紙と比べ、本誌のグラビアはあまり大したことは無い(若かりし「仲根かずみ」も載ってる)。

                                                   sabra012.JPG
   彼女は鳥取県鳥取市出身、大阪府大東市育ち。大阪女学院高等学校卒業。埼玉女子短期大学中退。
   高校卒業後に東京へ行き、デビュー出演となった1999年、日本テレビのバラエティー番組『進ぬ!電波少年』の企画「電波少年的ハルマゲドン2」、「電波少年的80日間世界一周」でブレイク。
   2000年、テレビ朝日系ニュース番組『ニュースステーション』の金曜日のスポーツキャスターを担当。同年、ドラマ『編集王』(フジテレビ系)で女優デビュー。以後、ドラマ、映画、舞台などで活躍する。2009年に入り、所属事務所であったワタナベエンターテインメントのプロフィール欄から名前が削除され、一部の報道では引退したと伝えられた。
   その後、女性セブン(2009年12月3日号)で芸名を東風 万智子(こち まちこ)に変え、2009年10月15日から19日まで、東京・墨田区のアサヒ・アートスクエアで上演された音楽朗読劇「HYPNAGOGIA(ヒプナゴギア)」(山寺宏一主演)に出演し、復帰していた事が報じられた。本名の下の名前の読みが「まちこ」のため、芸名も同じ読みに合わせた結果現在の名前に決まったという[]。
   これからのご活躍をお祈りするものである。

 


【1月30日の「またもや非常に不謹慎で誠に申し訳ないが、あの『喪服姿の後藤真希(24)』さんにグッとこないヤツは男をやめちまえ!」日記】
 午前中はサービス出社。
 悲しい知らせを聞く。
 ダラダラしていたから、珍しくお昼過ぎまで。
 帰路にいつものように新刊書店へ愛車V-MAXで駆けつける。
 最近は一週間に一度だけ乗る愛車のバッテリーとエンズィンの調子が、何故かやたら良くて嬉しい。
 タイヤが温もる前のカーブでスロットルを開けて、リアタイヤをズルズル滑らせるドリフト走行を愉しむ(一瞬だけだけど)。

 本屋では例の『月刊叶姉妹special Super celebrity Kano sist』を買おうか買うまいか散々逡巡。
 最近益々「化け物」じみてきた「お姉さん」はこっちゃへ置いといて、やっぱ「美香さん」だよね。
 「美香さん」単独の写真集も持っており、それで「B地区」等は確認済みなのだが、やっぱり気になる気になる好きになる。
 スタイルが良いかどうかは知らないが、最近の「牛蒡」のような細い足をしたグラビアアイドル達は「美香さん」の熟れて色気ムンムン(表現が古い)な脚線の垢を煎じて飲むべきである(いや、飲むんだったらオレに呉れ!)。
 しばらく「買うたやめた音頭」を踊りながら手を伸ばしかけたところ、ふとその「グラビア雑誌コーナー」で目に飛び込んできた雑誌が。
『sabla【サブラ】最終号』
              

5ae30282.jpeg

 ありゃりゃ? 2000年に創刊されたアイドルグラビア雑誌『サブラ』も遂に廃刊か…。
 特に2001年当時、我が最愛だったフォトジェニック・クィーン『仲根かすみ』嬢を大フューチャーして頂いて、大変お世話になった雑誌である。
 その良質なグラビアは凡百なマスコミ媒体よりもずっと遥かに時代の空気そのものを切り取り表現していた。
 この「最終号」、付録に二枚のDVDも付属するまさに「家宝モノ」。(愛しの『仲根かすみ』嬢の(一番光り輝いていた当時の)姿も当然含まれている)
 『月刊叶姉妹』を放り捨て、『サブラ最終号』を手にレジに走ったのは言うまでもない。
 来月から「グラビア雑誌コーナー」が、また寂しくなるなぁ。

☆その他新刊ハンター
 ・『月刊CMICリュウ3月号』
  付録の別冊「石黒正数『ネムルバカ』1.5巻」を目当てに購入。
  初めて「本誌」を読んだのだけど「なんとも不思議な漫画」ばっかり……(実験雑誌か?)
 ・『月刊モデルグラフィックス3月号』
  もうこの「模型雑誌」を毎号、何故購入しているかという理由も見失って久しい。
  ただ編集などのセンスは好き。
 ・『トニーたけざきのガンダム漫画Ⅲ』
  若い読者でP.74の「剥製」の元ネタを理解できる人が何人いるのか? 

 

【1月14日の「やっぱりフロントウィンドウに向かって『こぉなぁぁゆっきぃぃぃ~♪』と謳っちゃう」日記】
 「粉雪」舞う9号線で島根県雲南市松江市から鳥取県米子市へ。
 道中、休憩がてらに立ち寄った新刊書店で、分厚い「ムック」が目に留まる。
 『おとなのプラモランド Vol.0』

                 09db8ea5.jpg

  なんぢゃろかい?と手にしてみると「ロマンアルバム別冊」という立場で、「復刻!サンダーバード2号」とある。
 付録(っちゅうか、こっちがメイン)に、箱入りで「サンダーバード2号」のプラモデルが。
 なかなかの好企画で着目点も結構だが、なにしろ値段が高すぎる(2980円)。
 それとプラモの選考も妥当なものだと感じるが、やはり日本のサンダーバードなら『エックス号』ぢゃろ!と思わぬでもない(売れないだろうなぁ)。
 本誌記事もパラパラと立ち読みしたが、次号『ジェットモグラ』だったら購入を考える。
 こんな面白そうな雑誌が昨年末に発売されていたなんて気が付かなかったなぁ。 不覚ぢゃ。
 http://www.tokuma.jp/magazine/mook/59274eba306e30e930e230e930f3vol-030b530f330fc30fc253f7


 夕刻、最近お気に入りの『ベイサイド・スクエア皆生ホテル』にチェックイン。
 夜は雪の降る街をわざわざ傘を刺して、皆生温泉入り口のラーメン屋『三鈷峰(さんこほう)』へ。
 ここは以前、時々通っていたラーメン屋『愛ちゃん』が潰れた跡に新しく開店したお店。
 「ラーメン」というより「つけめん」を主軸としているみたい。
 でもやっぱ今日みたいな寒い晩には、温かい「ラーメン」でんな。
 トッテリ系の見栄えと違い、「鶏煮込ダシ」と「和風ダシ」を合わせた上品な味。 食後に「鰹風味」がしばらく口の中に残り面白い。 
 麺はプリプリの「中太麺」。 私はもう少し「細麺」がすきだけど、これは「つけめん」で喰えば、更に美味しいのだろうな。 今度は「つけめん」で喰ってみよう。

 あまりに「腹減状態」で来店したので、デジカメ写真も撮るのを忘れて食べだしてしまったのだが、驚いたのがこの店の「」。
 プラスティックのお箸なのだが、先の方に「ドリル状」の螺旋の刻みが付いている。 「麺類」を挟み易くしてある「(ラーメン)類専用箸」だったのだ。
 非常に感心はしたのだが、(当たり前の話だが)麺以外のモノ(ご飯とか)を食べる際は少し「口当たり」が気に掛かる。

 あ、
 『腹七分目計画』実施中なので「生ビール」は我慢したよ。

 

 


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[01/31 時計コピー]
[11/29 BadsMaru]
[11/28 NONAME]
[06/18 石田達也]
[04/16 Awaftma]
最新記事
(10/22)
(02/14)
(02/12)
(02/09)
(02/08)
最新トラックバック
(09/26)
(08/09)
プロフィール
HN:
BADsMARU
年齢:
60
性別:
男性
誕生日:
1959/08/18
職業:
さまよえる会社員
趣味:
快楽追求派
自己紹介:
GUN, MUSIC, MOVIE, BIKE, COMIC, PUSSY CAT LOVE LOVE !!
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(05/05)
(05/06)
(05/07)
(05/08)
(05/09)
P R
アクセス解析