忍者ブログ
From .05.MAY.2009
[628] [627] [626] [625] [624] [623] [622] [621] [620] [619] [618]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【1月17日の「「『あの日』は何処に居ったん?」は我々世代の関西人の合言葉のようなものだ」日記】
 本日は「阪神淡路大震災」から十六年目。
 奇しくも「四国出張ツアー」のため、午前七時過ぎには神戸市の真上を走っていた。
 十六年前のちょうどこの時間には、この足元で「地獄の風景」が展開していたのである。

 十六年前の震災発生時刻には、私は二歳になる娘と奈良と実家の一階に就寝していた。
 妻がお腹の中にいる二人目の子供の「切迫流産」の危険で入院していたので、娘と実家に帰っていたのである。
 最初の大きな揺れですぐ目が覚めた。
 しかしなかなか揺れが収まらない。
 大きな危険を感じ、思わず隣で寝ている長女の身を庇う姿勢を取った。
 
 やがて揺れも収まり、急いでTVを点ける。
 まだ生中継の番組も少なかったが、「地震速報」で震源地が兵庫県神戸の辺りだと知る。
 神戸のローカルTVにチャンネルを変えると、まだ録画の「お料理番組」を放送していた。

 今までもこの日記にも何度も書いた「あの日」の事だが、これだけは少し離れた地ではあったけど「震災」を経験した者の務めの一つだと思っている。
 その時、母親のお腹にいた長男も昨年「高校生」に無事になった。

 それにしてもあの日、落下していた阪神高速の高架をこの日に走る気分は複雑である。
 六千以上の方々の魂に鎮魂の祈りを捧げる。

 神戸を抜け明石から橋を二つ渡って四国に上陸。
 徳島から香川に入り、高松で宿泊。
 

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[01/31 時計コピー]
[11/29 BadsMaru]
[11/28 NONAME]
[06/18 石田達也]
[04/16 Awaftma]
最新記事
(10/22)
(02/14)
(02/12)
(02/09)
(02/08)
最新トラックバック
(09/26)
(08/09)
プロフィール
HN:
BADsMARU
年齢:
59
性別:
男性
誕生日:
1959/08/18
職業:
さまよえる会社員
趣味:
快楽追求派
自己紹介:
GUN, MUSIC, MOVIE, BIKE, COMIC, PUSSY CAT LOVE LOVE !!
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(05/05)
(05/06)
(05/07)
(05/08)
(05/09)
P R
アクセス解析