忍者ブログ
From .05.MAY.2009
[2063] [2062] [2061] [2060] [2059] [2058] [2057] [2056] [2055] [2054] [2053]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【12月25日の「『海のモズク』?『海の藻屑』?…どっちやったっけ?」日記】
 突然入った追加のお仕事を告げる悪魔のテレフォン。
 会社の同僚「PYONMETAL(先日の一週間同行出張で『BABYMETAL』ファンへの帰依に成功した)」の顧客先でトラブル発生。
 私も「助っ人」として駆り出されることになった。

 今日は『聖夜』。
 今宵は早目に退社して、家族だけで静かな「聖夜」を迎えようと思っていたのだ。
 拙日記の長い愛読者の方々なら既に御存知だろうが、小学校の数年をカソリック系の学校で過ごした私は敬虔な基督教徒である。
 洗礼名も持っています。
 『ゴンザレス●山 (またの名は『MARUMETAL』だが…)
 この「ゴンザレス」という洗礼名はキリスト教史に疎い方には奇異に聴こえるかもしれないが、1910年代の「メキシコ革命」時 教会に逃げ込んだシスターや農民などの難民23名を救う為に政府軍と戦った元山賊の牧師「エルケ・デソゥ・ゴンザレス」の名を冠している。
 彼はシスターの身体目当てで集まった政府軍120人とたった一人で教会に立て篭もって戦い、難民全員の脱出時間を稼ぎ、兵隊数十人を道連れに壮絶な最期を遂げた。
 最後は全身に銃弾を受け、教会の扉の前で「仁王立ち」で息切れていたと云われる。 
 日本ではあまり馴染みが無い彼の名だが「シウダー・ファレスの決戦」として南米の人間なら小学生でも知ってる逸話である。
 後に彼はバチカンより「聖人」と認定され「聖ゴンザレス」との名が冠された。
 「サム・ペキンパー」監督が晩年 彼の生涯の映画化を企画したのだが、監督本人の急逝で果たせなかったことでも有名だ。 ゴンザレス役で「ウォーレン・ウォーツ」とまで決定していた。

 
 しかも、その仕事はココでは書けないが「空振り」「水の泡」「海の藻屑」と徒労に終わった。
 我が「聖夜」の計画のPYONMETALのお蔭で全てパーである。
 どれもこれもPYONMETALの所為である。
 いや、正確にはPYONMETALの顧客の●●の所為ではあるが、私としてはPYONMETALに怒りをぶつけざるを得ない。


 さぁ、どーする?>PYONMETAL??
 サントリーウィスキー『響』もう一本追加で、手を打ったらんこともおまへんなぁ…
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[01/31 時計コピー]
[11/29 BadsMaru]
[11/28 NONAME]
[06/18 石田達也]
[04/16 Awaftma]
最新記事
(10/22)
(02/14)
(02/12)
(02/09)
(02/08)
最新トラックバック
(09/26)
(08/09)
プロフィール
HN:
BADsMARU
年齢:
60
性別:
男性
誕生日:
1959/08/18
職業:
さまよえる会社員
趣味:
快楽追求派
自己紹介:
GUN, MUSIC, MOVIE, BIKE, COMIC, PUSSY CAT LOVE LOVE !!
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(05/05)
(05/06)
(05/07)
(05/08)
(05/09)
P R
アクセス解析