忍者ブログ
From .05.MAY.2009
[1675] [1674] [1673] [1672] [1671] [1670] [1669] [1668] [1667] [1666] [1665]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【12月02日の「天鵞絨王に俺はなる!」日記】
        

 土佐高知はりまや町の「月とすっぽん」(「柳沢きみお」か?)という名の店で美肌なべ焼きラーメンを夕飯に食した。

 『なべ焼ラーメン』といえば、云わずと知れた土佐高知の名物であり、その名の示す通り土鍋で炊かれたラーメンである。
 しかし私が今宵食したモノは『美肌』と冠された逸品であった。
 「鍋焼ラーメン」の隣に透明でプルプルした「すっぽん」から抽出されたという「コラーゲン」が別の小さな皿で付いて来る。 それで「月とすっぽん」という店名なのか。
 食す際、この「コラーゲン」をドバドバとラーメンの上に投下するのだ。
 店のヒトの云うコトにゃ、もう翌朝から「お肌スベスベ艶々」の「美肌間違いなし!」だそうだ。

 

 
 
 ところでこの『美肌鍋焼ラーメン』を食しながら思ったことだが、私には身体上の肌で唯一最も自慢できる部位が存在する。
 下半身のキ●タマ…あわわ、睾丸…あわわ、陰嚢……早いハナシがあのブラブラする男性機能の二つの玉を収納する袋の丁度「裏側(背中側)」の付根の肌である。
 まさに古くからの「嗚呼 睾丸の美少年」、もしくは「陰嚢恢恢 疎にして漏らさず」の例え通りであるといえよう。
 この部位は今まで親しく付き合ってきた異性のほぼ全ての方が口を揃えて「まるで『ビロード』の布みたいな感触…」とか「ベルベッドの感動的な肌触り…」などとウットリと溜息を交えて極めて高く評価してくれた実績を持つのだ。
 いや、「口を揃えて」という表現に過剰な個所が含まれているとするならば、「唇を寄せて」と云う風に表現し直しても宜しいかと思う。

 嘘だと思うなら「我こそ」と名乗り出る妙齢の女性読者にのみ、実の感触肌触りを経験していただいても大いに結構である(未婚既婚問わず)。
 ちなみに男性の同部位が全て同じ感触であるかどうかは定かではない。
 同性の他人の玉袋裏の感触については、まったくといっていいほどほとんど100%興味を持てないからである。


 この自慢すべき部位(の肌触り)が、明日「すっぽんコラーゲン」の力を借りて如何に変化するのか今から愉しみでならない

 
        http://www.youtube.com/watch?v=5Imd8Etpsuk

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[01/31 時計コピー]
[11/29 BadsMaru]
[11/28 NONAME]
[06/18 石田達也]
[04/16 Awaftma]
最新記事
(10/22)
(02/14)
(02/12)
(02/09)
(02/08)
最新トラックバック
(09/26)
(08/09)
プロフィール
HN:
BADsMARU
年齢:
58
性別:
男性
誕生日:
1959/08/18
職業:
さまよえる会社員
趣味:
快楽追求派
自己紹介:
GUN, MUSIC, MOVIE, BIKE, COMIC, PUSSY CAT LOVE LOVE !!
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(05/05)
(05/06)
(05/07)
(05/08)
(05/09)
P R
アクセス解析