忍者ブログ
From .05.MAY.2009
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【11月09日の「ハドソン社モデルガン『MADMAX』を早く返して下さい>某GAINAXタケダぱいせん殿」日記】
《 SUNDAY GUN-SMITH 》     
 先日、とある中古店ミリタリーコーナーの『ジャンク品』のカゴの中で発見した「ナイロン製ホルスター」。
 一瞬「マチェーテ(山刀)」用のカバーホルスターかとも思ったのだけど、どうやら中の幅が広くて「銃専用」らしく見えた。

 生産国、メーカー共に不明。
 っちゅうか、非常に大きくて何の銃専用かすらも判らない。
 1,080円だったので取り敢えず購入して帰った。
 
 帰宅して思案すること数十秒。
 あ、その手があったやん!
 
 『ハドソン MADMAX』 
 映画「マッドマックス」で主人公が使用した水平二連散弾銃の銃身を切って短くした物、所謂「ソードオフ・ショットガン」のTOY-GUN化。
                           

 今は亡きハドソン社からはモデルガンとガスガンが発売されていた。
 
 ちなみにこの「ソードオフ」の実銃はアメリカでは隠匿性が高く、人間に対する殺傷能力が高いため所持しているだけで重い罪に問われる可能性がある。
 
 さて画像のショットガンは「ガスガン」化されたもの。
 木製のストックが奢られている。(ヲヤヂ殿に貰った>感謝!)
 これが誂えたようにナイロン製ホルスターにピッタリ♪
                    

 このホルスターは上のループで腰のベルトにぶら下げて、下の大きなループ二本で太腿に固定する。
 

 是非 ホットパンツを履いて健康的な太腿を露出した若き女性(美人)に装着して欲しい。
  ↓まさにこんな感じ。
    

 ハドソン社からは革製のMADMAX専用ホルスターも販売されていたが、今や「レア品」で入手が非常に難しい。
   
 

 

PR

【10月26日の「散髪に行きました」日記】
 一週間後の某ドス黒いヲタ系遠征を控え、事前準備に怠り無し!
 二挺の長物GUNを宿泊予定先に送り出す手筈を整える。
 最大の心配事は11月初旬の「山陰米子」で、ガスBLKが順調に作動するか?だゼ!!
    (↑の詳細は後日、また日記に書きます)
                      

《 SUNDAY GUN-SMITH 》 
 『トンプソン・サブマシンガン(Thompson submachine gun)』とは、アメリカの短機関銃。「トムソン銃」「シカゴ・タイプライター」といった通称を持つことで知られるが、「トミーガン」の名称が一般的にも有名。 なお「トミーガン」の由来は「M1928」以降、採用された英国軍「英兵」に由来する“トミー”の愛称の代名詞。  「トミーガン」は、禁酒法時代のアメリカ合衆国内において警察とギャングの双方に用いられたことで有名になった。1919年から累計170万挺以上が生産され、今日でも製造が続けられている長命な製品である。頑丈な構造を持ち、耐久性と信頼性に優れ、5kg近い重量のおかげでフルオート射撃を制御しやすい特性から、世界各国で広く用いられた。

                                 

 私の持っている東京マルイ製電動『トンプソンM1A1マシンガン』は中古入手時から前後の木製ストックが奢られていた。
 これで3千円台の完品だったからお買い得だっただろう。
 その後、海外中華メーカー製M1A1用ドラムマガジンを入手し、何時の日にかのCHICAGO-type化を目論んでいた。
 
 今回入手したのがCAW社製(たぶん)「電動M1A1用CHICAGO-type垂直型木製フロントグリップ」。

 中古で入手した本体と同価格くらいの中古価格で逡巡したのだけど、やっぱ趣味の中古は「一期一会」。 機会を逸すると後で後悔することが多い。
 

 清水の舞台へ飛び上がる覚悟で購入しちゃったゼぃ。
 
 まだまだバレルフィンは無いし「カッツコンペセンター(銃先消炎器)」は未入手のうえ、ボルトハンドルが右側にあるM1A1フレーム丸出しだが、何時の日にか「M1928シカゴタイプ」を夢見ている。

 だって大好きな映画『ゾンビ』でも大活躍したマシンガンだもの(悪党「暴走族」が使用)
 ま、それまではMGC金属製モデルガン「M1928シカゴタイプ」を可愛がったったりますわ。
                        

                     https://www.youtube.com/watch?v=qcYV6-LgcKY

【10月12日の「タイトルは『ポーランド』の漢字表記。ちなみに「ボスニア・ヘルツェゴビナ」は「波士尼亞赫塞哥維納 」日記】
 三連休中日。
 台風が接近するも、そこそこの行楽日和。
 でも昨日のお昼から体調を崩してダウン。
 「風邪」かしらん?
 鼻水は垂れるわ喉は痛いわクシャミは止まらんわ。
 今日になったらなったで、全身の関節が悲鳴を挙げて痛い痛い。
 熱は出てへんねんけどなぁ。
 
《 SUNDAY GUN-SMITH 》
 モノゴトが続くときは不思議と続くモノです。
 今回も「A系」だよ。
 『HUDSON AK-47S

 
 「AK-47(Автомат Калашникова образца 1947 года :Avtomat Kalashnikova-47「1947年式カラシニコフ自動小銃」の意)は、1949年にソビエト連邦軍が制式採用した歩兵用アサルトライフルである。
 「AK-47S(AKS-47)は、AK-47の銃床を金属製の折り畳み式のものに変更し、携帯性を高めた種類である。名称にある「S」とは、「Skladnoy」の略で、「フォールディング(折り畳みの)」の意味だ。 

 私の持つハドソン社金属製モデルガン「AK-47S」は中古入手時に既にこのストック部分が壊れていた。
 モデルガンなので規制等が影響し、力の掛かる部分でもなかなか強度のある材質が使いにくく(価格との関係もある)、ストックの材質は鋳物(亜鉛ダイキャスト)であった。
 そこでストックの一番肝心な根本部分がポッキリ逝っちゃってたワケだ。
                

 さてこの度、その「フォールディング・ストック」部品がようやく調達することに成功した。
 しかも「ホンモノ」。
 ポーランドの「Kbk AKS(PMKS)」用だと云われていた。
 材質は当然「鉄製」なので剛性も文句なし。
 銃弾発射機構に全く関係のない部品なので、法律上も全く問題は無い(筈w)。
              
 ところが問題は、このストックがモデルガンに「ポン付け」出来なかった事。
 今回も「AK74M」のときと同じで、切ったり削ったり削孔したりラジバンダリ(←懐かしい)。
 いや、今回は本体に直接加工を施さねばならず、かなり大変だった。
 それだけに完成した時の喜びと満足度は充分。 愛着も増したのは言うまでもない。 
   
 銃紐はG&P社のAK用「革スリング」を奢った。

 
 吉例【記念撮影】
『HUDOSN AK-47シリーズ』
 
 

 ㊤から「SE」
 ㊥旧型「with CAW「BG-15」」
 ㊦旧型「AK-47S」

【10月05日の「銃の背景が濡れているように見えるのは、台風が近付いている所為だyo♪」日記】
 単車でも車でも女でも鉄砲でも
  他人様と同じモノぢゃ絶対イヤだ!
 
 そんな私と同じ趣向をお持ちの貴兄にお送りする
《 SUNDAY GUN-SMITH 》     
 前回と引き続き 
 『KSC AK-47M GBB』
  第二回カスタム編であります。
                                                

 オリジナルでのままで~♪
  ハンドガードやグリップやストックなどの樹脂部品を「TAN色」に帰るだけでも面白いかなぁとは思っていましたが、今回「CYMA AK47用タクティカル・ハンドガード」というパーツを入手したので移植してみました。
                                         

 もともとこのカスタムパーツが一般電動用ということもあり、装着には少しだけ一苦労。
 
 極力パーツの方を切る削るして徐々に「擦り合わせ」を行います。
 アンダーガード前部がスイベルリングに干渉して「ムキーッ(怒)」ってコトも有りましたが、ガシガシ削っていきます。
                                                    

 無事装着完了!
 如何にも「現代風AK」に視得たら御喝采。
 「武骨感」が損なわれていないのも自慢の逸品。

 ついでに「フォールディンググリップ」もチャオチャオって付けちゃおぅ♪

 前にサイドレールにAK用スコープマウントを付けて乗せていた「オープン・ドットサイト」を、このタクティカル・ハンドガードのレールに配置してみます。
                                       

 …ありゃ?
 

   けっこう微妙かな?

 OPドットサイトの位置が高くて使い辛いかも。
 AKには定番の通称「コブラ・ドットサイト」って選択肢もあるんだけど、アレって格好悪かね?高価だし…
                                                      


 あとは「ドラムマガジン」かな?
 装弾量の多いヤツ。
 あ?
  あったあったコレコレ! 
          ↓
      

                                                       (あくまでネタだから本気にしないで!)

【9月28日の「長物Toy-GUNは『ガスブローバック(gbb)に限る!」日記】
 久々の「長物ガスGUN」ゲットだぜ!(だと思ふ…)
 共産帝國主義の権化、悪のテロリスト御用達!
 そんなコトばっかり言ってたら怒られるぞ!
《 SUNDAY GUN-SMITH 》    
 KSC社が満を持して発売したBLKガスGUN 
 『AK-47M
         
 
  
 
 
 『AK-74(露:Автомат Калашникова образца 1974 года、Avtomat Kalashnikova-74(「カラシニコフの1974年型自動小銃」の意)』は、1974年にソビエト連邦軍が従来のAK-47系列の後継として採用したアサルトライフルである。  そしてこの『AK-74M』は、1990年からソ連で配備が開始されたAK-74の最新型である。 「M」は、Модернизированный(ロシア語)Modernizirovannyj(ローマ字表記)の頭文字で「近代型」を意味する。 従来のAK-74は、固定式銃床を備えたAK-74と金属製折りたたみ式銃床を備えたAKS-74の二種類に分かれていた。このAK-74Mは、従来のAK-74と形状は固定銃床の様でありながら、プラスチック製の折りたたみ式銃床を標準装備しているため、自動車化狙撃兵や空挺軍兵士、戦車兵などに支給するアサルトライフルを文字通り一種類に統一することが可能となった。 ハンドガードとグリップの形状はAK-74後期型と同じである。プラスチック部品の成型色が、AK-74後期型の焦げ茶色から黒色になった。 また、レシーバーが従来よりも軽量化が図られており、左側面には暗視装置や光学照準器の取り付け用レールが標準装備となった。
   
 某趣味系中古店で「予備マガジン」一本付きで20K円切り。
 この予備マガジン一個付が効いた。
 だってガスブローバックなのでマガジンは高価いということを、痛いほど身に染みて知っている。
 このAK47用だって定価が8k円以上する。 中古で安く見積もっても4k円としたら、この中古価格では本体が10k円くらいになる計算。
 思わず飛びついた。
 
 帰宅して各部をチェックしたのだけどガス漏れもなくホッとした。 
 本体は若干の使用感があるものの、それがまたリアルっぽく気に入っている。
 もちろん作動は良好、完動で感動。

 本体はともかく、樹脂で出来たグリップやストックも全て艶消「黒」で統一。
 如何にも「悪者の銃」だねぇ。
 近代AKを米軍仕様M4系風にするパーツカスタムが流行しているが、私はあまり好きやないなぁ。 武骨なAKには似合わねぇ気がする。


 折り畳み可能なストック(銃床)は本体左側後部にあるボタンを押すことで簡単に時計回りで折り畳める。
 折り畳んだストックはバットプレートにあるボタンを押してロックを解除する。 バットプレート上にあるボタンには少し違和感を覚えるが、実使用に於いては何ら問題は無い。
          

 マガジンには空撃ちモードが付いていて、マガジン底部に入っているツールを使って切り替えが可能。
 実銃にはない「ボルトストップ(オープン)モード」があるのは御愛嬌。
                                
 フレーム左側の「サイドレールマウント」には東京マルイ製のスコープマウントが無加工で装着可能。
 せっかくなのでスコープマウントを付けて「オープン・ドットサイト」を装着してみた。

     
 スコープやイオテックtype ホロサイトも試してみたのだけど、コイツが最もシックリした感じ?


 ちなみに構造上「サイドレールマウント」を装着すると、ストックは折り畳めなくなる。
 これはちょっと問題。 AK用レール付タクティカルフォアグリップを探してみようかな。

 あまり数は持っていないけど「悪の枢軸兄弟」達と記念撮影。

 上から『KSC AK74M gbb』
 マルイ電動『AKMモドキ』メタル外装カスタム
 ハドソン・モデルガン『AK47』with CAW「BG-15」(モデルガンは他に「AK47S」とか全三挺所持)
                     

 WE社『SVD DRAGUNOVA gbb』は長くて画面に入り辛かったので、今回は「はみご」なのだ。
                                    
 今年の「米子映画事変」の御伴はコイツかな? 11月初旬のgbbは不安が残るぜ。
 いや、その前に「EA米子店」は参加するのかな?


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[01/31 時計コピー]
[11/29 BadsMaru]
[11/28 NONAME]
[06/18 石田達也]
[04/16 Awaftma]
最新記事
(10/22)
(02/14)
(02/12)
(02/09)
(02/08)
最新トラックバック
(09/26)
(08/09)
プロフィール
HN:
BADsMARU
年齢:
60
性別:
男性
誕生日:
1959/08/18
職業:
さまよえる会社員
趣味:
快楽追求派
自己紹介:
GUN, MUSIC, MOVIE, BIKE, COMIC, PUSSY CAT LOVE LOVE !!
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(05/05)
(05/06)
(05/07)
(05/08)
(05/09)
P R
アクセス解析