忍者ブログ
From .05.MAY.2009
[185] [184] [183] [182] [181] [180] [179] [178] [177] [176] [175]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

                  d959f1b4.jpeg

【10月29日の「東宝特撮映画駄洒落シリーズ『痴情最大の決戦』」日記】
 所謂「痴話喧嘩」を描く。 
 最後はやはり「やる」と収まるケースが多いと思われる。
 それにしても、この「駄洒落シリーズ」は難しい

 山陰の西側寄りから一挙に南下して広島県福山を経て岡山県倉敷市まで。
 出張最後の夜は映画を観るっちゃ。
 恒例「木曜レイトショー
 今宵のお題は「これだ!」
 マイケル・ジャクソンTHIS IS IT

 このあいだの「3D洋画」では特別観料をボッタクられたのだが、話題のこの映画は1000円で観れた。 なんか物凄い「お得感」!

 最初に故マイケルに謝っておこう。
 彼が「ロンドン公演」を記者会見でブチ上げた際、私は「どうせ薬とか不摂生でボロボロなんちゃうのん?」と懐疑的だった。
 ところが彼の死の数日前まで行われていたコンサート・リハーサルを収録したこの「ドキュメンタリー映画」を観て目から鱗が落ちた。
 歌っているのである。 踊っているのである。
 いや、実は身体の中身はやはりボロボロ出会ったのかもしれない。
 が画面の中には「プロ」としての「アーティスト」の姿と、「愛」を語る彼の(良き)人間性が映し出されていた。

 馴染みの曲が次々登場して一時も飽きない。
 新作『スリラー3D』の製作場面や一部も目に出来て非常に嬉しい。
 ギタリストの二人、一方はブロンドのストレートヘアーのパンク風少女。もう一人は筋肉ムキムキマッチョの黒人のオッサン。このコンビが「最強」で観る度に微笑んじゃう。
 そんなシーンを観るに連れ、彼の死が惜しい…っちゅうかこの「コンサート」がお釈迦になったことが本当に惜しく感じるよ。
 その「落胆」や「失望」、そして膨大な「損失」を思うと、これがまさに『映画的素材』であることに改めて気付いたりもする。

 彼が何かあるたびに口にする「LOVE」そして「God bless you」が格好よい。
 トラブルが生じると「怒ってないよ。L-O-V-E。愛さ。愛してる。God bless you!」と自分に言い聞かせるように繰り返す。
 これを「日本風(関西地方限定)」に言うとどうなるだろう。

 「あんさんにも『石切さん』の御利益があって『デンボ』が早よ治りますように」 

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[01/31 時計コピー]
[11/29 BadsMaru]
[11/28 NONAME]
[06/18 石田達也]
[04/16 Awaftma]
最新記事
(10/22)
(02/14)
(02/12)
(02/09)
(02/08)
最新トラックバック
(09/26)
(08/09)
プロフィール
HN:
BADsMARU
年齢:
58
性別:
男性
誕生日:
1959/08/18
職業:
さまよえる会社員
趣味:
快楽追求派
自己紹介:
GUN, MUSIC, MOVIE, BIKE, COMIC, PUSSY CAT LOVE LOVE !!
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(05/05)
(05/06)
(05/07)
(05/08)
(05/09)
P R
アクセス解析