忍者ブログ
From .05.MAY.2009
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【11月14日の「おっぱいが大きいオネェチャンが好みでしたyo♪」日記】
 広島から岡山に至る。
 倉敷の定宿「アイビースクエアホテル」は昨年度と同様「東北楽天ゴールデンイーグルス」の秋季キャンプ宿泊所となっていた。
 「まーくん」は居ないようだったけど、何人かの選手とは風呂で顔を合わせる。
 あいつら「プロの野球選手」はケツがデケェぇ~んだよ!

 っちゅうワケで、 出張最後の夜は映画を観るっちゃ♪
 吉例「木曜レイトショー」
 本当は二週間くらい前に地元の奈良で観たんだけど、今宵のお題は
『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語』
            
 やっと観れました。
 予想以上の大ヒットだったみたいで、現在も上映中です。
 原作(?)のTVシリーズも一応目を通しておきました。
 TV版の感想は
 「魔法少女も楽じゃない」
 鑑賞後の後味がイマイチだったので、そのDVDは封印したったりましたわ。
 たぶん二度と鑑賞する機会も無いでしょう。

 で、『劇場版』です。
 TV版どころか、二週間前に観たこのアニメですけどエエ加減に印象が薄れかけていて申し訳ない。
 一言で表すならば
 「愛=egoということに尽きると思いました。
 究極の「愛」こそ、最大愛悪の「エゴ」。
 この公式は「E=mc²」にも匹敵する「世界の理(コトワリ)」ですね。



 
 あぁ、適当なワケの分からない屁理屈でまとめちゃったよ。
 本音を言えば「よぅわからん」……
PR
【11月07日の「え?『風立ちぬ』ってまだ上映継続してるの??」日記】
 四国出張中。
 高知県から愛媛県某所へ移動の折、道を間違えてとんでもない辺境へ迷い込む。
 スマホのナビを活用しようとしても電波も届かず、うまく作動しない有り様。
 一般幹線道に降りてきたときは、本当に安堵の溜息をついたぜ。
 
 出張最後の夜は映画を観るっちゃ♪
 恒例「木曜レイトショー
 香川県坂出での今宵のお題は
 『劇場版 SPEC~結(クローズ)~ 漸(ゼン)ノ篇』
                                     
 言っときますが「TV版」から7のファンです。
 さらに言っときますが、今回の「映画版」は酷い。
 前作の『劇場版 SPEC~天~』も酷かったけど、今作はもっともっと非道い。
 11月29日公開の『劇場版 SPEC~結(クローズ)~ 爻(コウ)ノ篇』への単なる「ツナギ」。
 94分かけて、ゴ●さんが●職するだけの展開。
 「北村一輝」はお湯かけられて●えるし、「大島優子」はシャ●クリしてばっかりだしw。
 まるで単なる「テレビ版スペシャル」を、映画館でわざわざ金ふんだくられて観せられたようなもんだ。
 この作品に関してはレンタルビデオで充分!  
 金(と時間を)返せ!!

 でも、やっぱり『爻(コウ)ノ篇』は観に行っちゃうんだろぅなぁ…

 06点
【10月24日の「一般的にガイジンさんの好きな『日本(東洋?)人顔』はちょっと個性的」日記】
 出張最後の夜は映画を観るっちゃ♪
 恒例「木曜レイトショー」。
 っぅてもこの映画、紺月初めの連休中に地元奈良の映画館で観た一本。
 ちょっと記憶もエエ加減になっとりやすが、さてどーなることやら?

 今宵のお題は
 『ウルヴァリン:SAMURAI
      


 嗚呼、やっと観れたのですね。
 期待していた広島県福山「鞆の浦」の場面は九州「宮崎の近くの港町」という設定で登場。 成る程成る程。

 一番の見処は割と最初から出ずっぱりの赤い髪で「ヒラメ顔」した日本人女優さん。
 「福島リラ」って少しラリったお名前の方なんだって。
 最初にう観た時はCGで造った(顔面)キャラクターかと思ったくらいの衝撃。 目が離せない存在感。「得」な役廻りだったし。
 もともとは「ファッションモデル」さんらしい。
 さすが「ハリウッド」は懐が深ぇや。 こんな(顔の)女優さん見つけてくるんだもんなぁ。
                      

 で、映画自体はどうだったかというと、全体的にまるで『ロボコップ2』みたいな作品なのでした
 
 57点
【10月17日の「喰い過ぎた!まさに『脂肪フラグ』だ!?」日記】
 出張最後の夜は映画を観るっちゃ♪
 (っつても本当は奈良の地元で今週の月曜日に観た映画ですが)
 吉例「木曜レイトショー」。
 今宵のお題は
 『レッドドーン
             


 アカ大嫌い漢監督「ジョン・ミリアス」が1984年に製作した『若き勇者たち(原題:Red Dawn)』のリメイクですね。
 前作ではコロラド州の小さな町にある日突如、ソ連、キューバ、ニカラグアの共産圏連合軍が侵攻してくるという設定でしたが、現代版の今作では「北朝鮮軍」がワルモノです(←ムチャだ!ロシアは東海岸に侵攻しているという裏設定有り)。
 ただし当初はソ連軍を中国軍に置き換えて作品が製作されていたが、「諸事情」により撮影後に中国軍が北朝鮮軍に変更されることになり、再編集によって公開は大幅に遅れたというウワサ。
 DVDとして発売する際には、是非「中国軍ver,」を特典として収録して欲しいものです(買うか買わないかは別として)。
 
 で、観てみました。
 なんか秘かに公開されたイメージのある作品だ。
 ミリアクション好きな人なら「まぁまぁ」な出来かな?
 でも「KG-9」を「高性能な銃だ」と云われてもなぁ。
 退役軍人が参加してから俄然面白くなりました。



 「あ、死亡フラグだ…」
  と思って観ていたら、突然に吃驚する場面がありますけど…

  56点
【10月10日の「え?今日は『体育の日』でお休みぢゃないの?」日記】
 土佐高知で目覚める。
 台風がかすめて行ったあとのここ数日、暑い暑い。
 どないなっとんねや?

 っちゅうことで
 出張最後の夜は映画を観るっちゃ♪
 宿に荷物だけを放り込み会社に本日の業務終了の連絡を入れるや否や、地元のシネコンへGO!
 吉例「木曜レイトショー」。
 今宵のお題は
 エリジウム』    
            


 本当は「狼男凛」を観たかったんだけど時間が合わなかったの。
 で、この映画の公開最終日。 観客も十人以下の惨状。
 『第9地区』が第82回アカデミー賞作品賞などにノミネートされた「ニール・ブロムカンプ」監督が、マット・デイモンを主演に迎えたSFアクション。
 いや、「SFファンタジー」って言った方が良いかも。
 巨大な物体が遠方で霞んで浮かんで見えるという、最初は『第9地区』で観て吃驚した映像も見慣れてくると飽きちゃうよね。

 ただ『ジョディ・フォスター』の「脹脛(フクラハギ)」が物凄く筋肉質で逞しくって、そこばっかりに意識が行っちゃって困りました。
 だから彼女の鍛え上げられたムキムキマッチョな「脹脛」しか憶えていません
 「脹脛フェチ」な方は必見!
 バットもへし折る「フ・ク・ラ・ハ・ギ♪」(CKBの歌にそういう歌詞があるのよ)
        
 ストーリーや仕組みに左程目新しいモノは無かったです。
 「自動再生治療ポッド」が面白かったかな?
 この機械に掛かると「嵌頓」の男性はどーなっちゃうんでしょ?と思いました。


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[01/31 時計コピー]
[11/29 BadsMaru]
[11/28 NONAME]
[06/18 石田達也]
[04/16 Awaftma]
最新記事
(10/22)
(02/14)
(02/12)
(02/09)
(02/08)
最新トラックバック
(09/26)
(08/09)
プロフィール
HN:
BADsMARU
年齢:
60
性別:
男性
誕生日:
1959/08/18
職業:
さまよえる会社員
趣味:
快楽追求派
自己紹介:
GUN, MUSIC, MOVIE, BIKE, COMIC, PUSSY CAT LOVE LOVE !!
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(05/05)
(05/06)
(05/07)
(05/08)
(05/09)
P R
アクセス解析