忍者ブログ
From .05.MAY.2009
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【11月01日の「まことに御心配お掛けして申し訳なす」日記】
 鳥取県から例の件の「ケツ拭き」仕事の一環で兵庫県姫路まで南下。
 そんなこんなで 会社に戻れたのは午後八時前だった。

 我が営業部は今宵が先日の「BARA&MARU強制監禁生還記念」の大宴会。
 当事者の一人でもある私は、残念ながら「息子の怪我入院」というアクシデントで不参加。
 チクショー 「ネタ」はタップリ練ってあったのになぁ…
 
 帰社後、倅が入院する病院へ直行。
 その病院は偶然にも会社のほん近く。 助かった。
 でも丁度その病院の改築工事真っ只中で、愛車V-Maxを駐輪場に停めたのは良いけれど「入り口」が判らない。
 そこら辺を歩く「看護婦さん風」な女性に入口の場所を訊く。
 正式な出入り口ではないと宣言されつつ、彼女のIDカードで「仮出入り口」を開けてもらう。
 助かりました。

 最上階の「整形外科入院病棟」へ。
 新しく出来たばっかりの病棟は「ナースステーション」も映画で観る風のオープンスタイルでカッチョいい。
 倅の入院している四人部屋へ。 同室は一人だけの様だ。 例え「病室」でも出来たばっかりの「新品」は気分がイイよね。

 倅は左手を大きなギブスで覆られてはいるのも、元気な表情でこう言った。
 「よぅ、父ちゃん」
 よぅ父ちゃんぢゃねぇよ、バカヤロ様ァ!
 いったいどーゆー了見でぇ?
 
 今年の春から新卒で勤め出した某印刷工場。
 流れてきた箱に印刷形成される段ボールのラインにて、次々流れてくるラインに思わず焦って左手を段ボールごと「裁断器」に持って行かれジョキジョキチョッキンされたそうな。
 幸いなことに指の切断は免れたものの、左手親指~小指まで第一関節内側に激しい裂傷。 一部は骨にまで至る。
 各指をそれぞれ「3~10針」縫ったそうな。
 救急車で病院に運ばれ、緊急手術で縫合は済んだものの、親指と小指に痺れを感じ「指神経の破断」と診なされる。
 そこで奈良の病院に転送され、今日の「神経縫合手術」と相成った次第。
 手術は一応 無事終了。
 あとは今週木曜日の主治医の判断を待つのみ。
 
 本人は左手を「ドラえもん」の様に丸いギブスに固められてはいるが、ほとんど元気。
 「労災」にはなるのだが、会社からは「手順を踏まぬオマエが悪い」とは云われているそうだ。
 さも有りなん。(我が子だから)可愛そうな気もするが。
            


 ちなみに父親たる私が、彼の入院に際し届けようとした「お見舞い品」は
  右手が自由に使えるのならば「ドぎついエロ本」など如何かなと提案したところ、直ぐに彼から却下の報がメールで届いた。
 洒落の通じぬ身内(息子)であることよ。
                     



 拙日記の読者各位様に於かれましては御心配や暖かいメッセージ どうも有難う御座いました。
PR
【10月31日の「親になり始めて身に染む親心」日記】
 島根県出雲市で目覚める。
 9号線を東に向かって進撃の巨体。
 夕刻に鳥取県米子市へ至る。

 出張最後の夜は己への「ご褒美」として映画を観るっちゃ♪
 さて、今宵のお題は
 『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語』
 
 …と思っていたら、今年から就職して印刷工場勤務をしている倅からメールが届いた。
 「勤務中に左手に怪我をしてしまいました。
  親指の外側の神経を切ってしまったようです。
  明日より神経を繋ぐ手術をするため、三日ほど入院してきます。」
 
 おぉぅ?
  ナニしてくれとんねん!?

 
 家族との連絡やら入院先の病院の確認やらで、映画鑑賞が吹っ飛んだ。
 心配させまいとしているのか、本人の口からは深刻ぶらずにハッキリした病状がよく判らぬ。
 幸い入院先の病院は私の会社のごく近くなので、明日帰社後に見舞に行こうか。
 明日は「BARA&MARU強制監禁生還記念」の『営業部公式呑み会』なんだけどなぁ。 欠席せざるを得ないかもなぁ。

  
 そういえば私も学生時代に、脚の骨を折って大阪の病院に緊急入院したことがあった。
 仕事での名誉の負傷の倅を違って、あれは漫研の新年会かなんかで酔っ払って(泥酔状態)ひっくり返った時の負傷だもんなぁ。
 翌朝、二日酔いで目覚めたら病室の見知らぬ天井で吃驚した。
 駆けつけた母親に「馬鹿」と叱られたっけ。
 親に心配を掛ける「業」は輪廻するものだねぇ。
2月09日の「目の前が真っ暗になった…」日記】
 先週に突如の下血で入院した母親が退院することになり、病院まで迎えに行く。
 出血の原因は前回の膝の手術のあと、ずっと服用していた血流を良くする薬の影響で大腸の「憩室」という部分から出血したためだという説明を受けた。
 それにしても出血の影響で血圧が低下し意識も薄れ一時は脈も取れないという、危うく三途の川を渡りかねない症状だったので、こんなに早く退院できるとは思わなかった。
 
 
 退院の際には娘と息子も手伝いに来てくれた。
 彼ら三人を先にタクシーで返したあと、まだ病院への支払等が有るので私一人が病室に残っていたところ、看護婦さんが私を呼びに来た。
 「担当の医師からお話があるそうです」
 
 不吉な予感で胸の鼓動が速くなる。
 担当医師の部屋に入り、若い医師に勧められるまま彼の前の椅子に腰を下ろした。
 「息子さん……ですね」
 挨拶の後、医師はゆっくり口を開いた。
 「非常にお伝えしにくい事なのですが、どうか気をしっかりとされてお聴きください。 お母様の事ですが…」
 思わず息を呑んだ。
 「…歳が歳ですし、覚悟は出来ています。後をお続け下さい」

 「お母様の御寿命ですが、はっきり申し上げて…あと…」
 「あと…?」
 
 「…」

 「…」


 「ヘタをしたらあと、40年しか生きられないかもしれません!」 
 「ぎょえぇーっ!! そないに長生きしくさるんでっか? あのババァ!
 「…ご愁傷様ですな……」


  (後半はフィクション…って当たり前ぢゃヴォケェェ!) 

【2月01日の「捨てる神あれば拾う神あり。」日記】
 朝、出張先の広島県尾道市で一軒目の得意先訪問直後に携帯電話が鳴った。
 娘からだ。
 電話に出ると切羽詰まった娘の声がした。
 「お祖母ちゃんが入院した!」

 なんでも私の実母が今朝早くに下血して、救急車で緊急入院したとの報せであった。
 原因はまだ不明だが、一時は過度の貧血で血圧が下がり脈も取れない状態で意識も朦朧としているのを見て、電話で呼び出された娘も驚いたらしい。
 現在では何とか意識も戻りはしたが「集中治療室」に入ったままだという。
 娘に暫く付き添いの方を頼みはしたが、なにせ現在が広島県尾道市。 すぐ駆けつけるというワケにもいかないのが歯痒い。

 広島から岡山まで最低限訪問しなければならない先だけに仕事を片付けたのだが、奈良で帰社したのは午後七時前。
 会社で事情を説明し明日の出勤にお暇を戴く。
 その後急いで病院に駆け込むと、実母は「ICU」から一般個室に移されていた。
 
 しっかりした意識を保っている様子で胸を撫で下ろす。
 前回の膝の手術のあと、血流を促す薬を常用している後遺症で腸内に小さな傷でも大量出血したのではないかという見立て。
 明日より精密検査の必要があり、しばらく検査入院。
 意識が混濁した時には「最後」をも覚悟したとのこと。
 「川は視えたか?」と問うと、残念ながらそれは見れなかったらしい。
 「閉経後に溜まった血が一気に流れ出たのではないか?」と云おうかと思ったけど、やっぱりとどまった。
 私も一人の「人の子」である故。
 
 
 小雨の中、愛車V-Maxで帰宅する。
 そんなこんなで落ち込んでいると、また携帯電話が鳴った。
 学校のSk先輩(職業:吸血鬼、バツイチ)から。
 今年の五月に再婚されるとのお知らせ。
 人間万事塞翁が馬。 禍福は糾える縄の如し。 沈む瀬あれば浮かぶ瀬あり。 
 二度目とはいえ目出度い知らせに喜ぶ。

【1月14日の「『リアン』って何???」日記】
 本日は「ビッグイベント」の日。
 長女の『成人式』である。
 娘とは先日、とある事案により「絶縁喧嘩中」。
 それ以来必要最低限しか口をきいていない。小学生の喧嘩か?
 あいかし今日だけはそうもいかない。
 暫し「休戦」である。
 
 朝起きると天気予報通り、けっこう強い「雨」。
 やっぱりか。残念…っちゅうか「和服」が濡れるのが脅威。
 午前六時半、母親方のお祖父ちゃんとお祖母ちゃんが車で到着。
 レンタカーを借りるという策も有ったのだけど、これはこれで「爺ちゃん婆ちゃん孝行」。
 私の実母と娘が車に乗せてもらい、近所の「結婚式場」へ。
 ここで「着付」「メイク」と「写真撮影」。
 車に乗りきれなかった私は、雨の中徒歩で向かった。
 
 我が娘の着付の予約時間は午前七時。
 既に予約順番待ち、もしくは着付作業待ちの御家族が各テーブルでお待ちになっている。
 まずは「ヘアメイク」から。
 この手順ともなれば男陣は「手荷物運び人足」の業務から解放され、手持無沙汰暇々で居場所がない。
 っちゅうてもこの世界(現場)、圧倒的に「女衆」が多く「男(お父さん)衆」は肩身が狭い狭い。
 
 ここで興味深いのが、各娘さんが「着付」を終えロビーに出てきた瞬間の全「女衆」の視線!
 オール「審査員」かっちゅうほどの鋭い眼光が集中する。
 ビビっちゃうよ、マジで。
 
 服装はいつもの格好で、頭だけ「盛り髪」で出てきた娘を見て吹いた。
 どうせ目立つんだったら造形師のお知り合いに発泡スチロールかなんかで、全長2mくらいはある『東京スカイツリー盛り』でも造って貰えば良かった。
 
 その後、本格的和服の「着付」の後、「メイク室」へ。 当然「男衆」の知らない世界。
 晴れ着である「和服」は私の母親方の姉妹が結束力を持ち、毎回「女イベント」の度に「振袖」やら衣裳を持ち回りで貸し借りしている。
 お蔭で「和服レンタル料」が浮いたっていう算段だ。
 
 娘を待っている間、数々の興味深い現象に遭遇した。
 女ばっかりの新成人「着付の儀式」開場の現れたのは、チャらい雄餓鬼ども四人連れ。
 ド頭の悪さと○○の悪さが外観に漏れなく見事に露呈したタイプw。
 期待に違えることなく、暫くして変な色した「羽織袴」で登場して、大いに私を笑わせてくれる。
 お前ら新選組リアンか?
 何処に霧散したかと思へば、この地に居ったんかぁ!?
 さては今から「太秦映画村」か「奈良ファミリー特設会場」での営業イベントぁぁっ!?
 
 若き御夫婦が来場される。
 お父ちゃんは金髪ガテン系。
 お母ちゃんはまだ生まれて間もないと思われる「赤子」を抱いておられる。
 どうやらその「お母ちゃん」の成人式着付に来られたらしい。
 お母ちゃんが着付などをしている間、若い金髪のお父ちゃんが赤子を抱いてあやしている。
 なんか目頭が熱くなっちゃった。
 抱かれてスヤスヤ眠る赤子に、幸多かれと祈らずには居られない。

 娘の着付が終了した。
 彼女が着付室から出てくると、やはり待合室の女衆の視線が集まる。
 「むふふ。勝ったね…」と親馬鹿は思ふ。
 たぶん、その場の「親族関係者」は一人残らずそう思っただろうなぁ。
 「やっぱ、我が娘(孫娘)が一番♪」って。
 
DSC_0029.JPG それからは二階の「写真スタジオ」で記念撮影。
 これも全然安くないのよね。
 空き時間は私も含め親族一同の撮影大会。
 私はその「撮影風景」を撮るのが楽しかった、
 
 奈良市の「成人式」は午前十一時開始。
 義祖父ちゃんに娘の送迎を頼んで、私の役どころは終了。
 つ、疲れた。
 娘を車に乗せる為に外に出ると、雨は霙交じりとなっていた。
 
 娘から「今から帰る」と連絡が有ったのは、雨も霙も止みかけた夕方ごろだったでごんんす。
 さて「福沢諭吉さんブロマイド」が羽が生えたように飛んで行っちゃったので、明日から親父の「ガラクタぽんこつ趣味」は自粛しなくっちゃ♪

 



忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[01/31 時計コピー]
[11/29 BadsMaru]
[11/28 NONAME]
[06/18 石田達也]
[04/16 Awaftma]
最新記事
(10/22)
(02/14)
(02/12)
(02/09)
(02/08)
最新トラックバック
(09/26)
(08/09)
プロフィール
HN:
BADsMARU
年齢:
60
性別:
男性
誕生日:
1959/08/18
職業:
さまよえる会社員
趣味:
快楽追求派
自己紹介:
GUN, MUSIC, MOVIE, BIKE, COMIC, PUSSY CAT LOVE LOVE !!
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(05/05)
(05/06)
(05/07)
(05/08)
(05/09)
P R
アクセス解析