忍者ブログ
From .05.MAY.2009
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

f7085302.jpeg      c38f77e2.jpeg

【7月24日の「『真夏の夜の夢』みたいな一日」日記】
 午前中は会社に於いて「サービス出勤」ならぬ「サービス営業会議」を適当…あわわ、真剣にこなす。
 一度 愛車V-MAXで帰宅して体力温存のため昼寝。
 夕刻に息子と大阪に出掛ける。
 目当ては「大阪城ホール」で開催される
  カッパ寿司提供WALKING WITH DINOSAURS LIVE ARENA TOUR IN JAPAN』(長ぇよ)
http://www.fujitv.co.jp/events/wwdj/index.html

 実を言うと、私は相当「恐竜」に大しては五月蝿い。
 「詳しい」どころではないのである。もう幼少の頃(ティラノザウルスが直立してた頃)から「恐竜」の知識について右に出るものは居らず、「恐竜博士」を通り越して「まさに『
生きてゐる恐竜』」とまで呼ばれているほどだ。
 「恐竜好き☆」など私に言わせれば「恐竜」に関しては、まだまだ「ヒヨっ子」と云わざるを得ない。 同じく「恐竜好き」の九州在住「素敵なお嬢様みたいな素的な奥さま(水棲美女)」など「思わず失禁モノ」である(怒られるぞ)。
 その私がわざわざ足を運んで来たったりましたわって感じの『ウォーキング ウィズ ダイナソー』。
 前売券発売前より「予約購入」していたチケットは、なんと一人六千円以上した「A席」! そんなに速く頑張って入手したので、さぞや良い席だろうと思いきや、なんと二階席で後ろから数えた方が速いやん!! でもエエもんね。「真正面席」やもん!

 会場が暗くなり、やたら日本語が上手な司会者登場(考古学者との設定。ところで有る時期より「考古学者」といえば全員「革のベスト」を着ているのは何故か?全員「インディアナ」なのか?)。 まるで「口パク」みたい(実は「口パク」)
 「さぁ、一緒に時間を越えた旅に出ましょう」という陳腐な定型台詞とともに「ショー」は始まる。
 先ずは肉食の中型恐竜「なんとかテルヌス」が草食恐竜の卵を食えば、その母親の巨大な「かんたらサウルス」が登場! 噂に聞くその巨大さとスムースな動きに息を呑む!
 時代は「ジュラ紀」に入り「アロサウルス」だ! 知ってる知ってる♪ 映画『キングコングの逆襲』に出てきて「キック」をかましてたヤツだという薀蓄を大声で息子に語る「超恐竜博士」なオレ(正解は「ゴロザウルス」)。
 首の長い大きな「ネッシー」みたいなヤツとか「捨て児なんとか」お馴染みのヤツも出てきたゾ!

 20分の休憩を挟んでいる間に、なんと「ジュラ紀」は終了して「白亜紀」となっていた! あ、あの「
」から始まる「神の名を冠した世界一有名な二足歩行」するヤツはぁぁ?
 「らどん」みたいな飛行恐竜「なんとかケイルス」に続き、お待ちかね「かんとかラプトル」、巨大な「トリケラトプス(「トロサウルス」と紹介されていたのはナニかの間違いであろう。ありゃ絶対、誰がなんと言おうと「トリケラトプス」だもんね)」、「アンギラス(の親戚恐竜)」のあとは、コイツだ!
 正面に巨大で最も有名な人気肉食恐竜のシルエットが浮かび上がる、 否が応でも盛り上がる会場!
 「ナタバレ」になるからココからは少し端折るが、やっぱ「コイツ」が登場しなければハナシになんない。

 暴君龍登場!
 クライマックスの対決シーンに手に汗を握る。
 「大見得」を切りまくる「ヤツ」を堪能してからは、哀しいエンディングを待つ。
 「隕石の衝突」した白亜紀の大地を去る「彼等の後姿」に涕を禁じえない。


 あー、面白かった。
 「一世一代の大見世物」を堪能した「生きてゐる恐竜(博士)親子」でした。 
 

PR

lrg_15717824.jpg   42790_m.jpg   42791_m.jpg  tamago1.jpg

【7月18日の「まぁイロイロとありますが『厄払い』ということで」日記】
 少し遅くなったが娘の「誕生日祝い(先月)」とバァさん(実母)の来月の「膝の手術成功祈願会」を兼ねて、夕刻から大和郡山のイタリア料理店へ。
 「コース」で注文するか「単品」で行くか、暫し議論の末「単品」で家族会議が同意。
 最初に知ったかぶりで「グラッパ」を注文。
 
 グラッパ(Grappa)はイタリア特産の蒸留酒で、ブランデーの一種。ワインを蒸留して作る一般的なブランデーとは違い、ブドウの搾りかすを発酵させたアルコールを蒸留して作る。多くは樽熟成を行わないので無色透明であるが、ブドウの香りを程よく残す美酒。アルコール度数は高く30から60度。香り付けしたものもある。 グラッパは度数が高いためリキュールを作成する際にも使用される。 またイタリア中部では、エスプレッソコーヒーに3~4杯の砂糖を入れてかき混ぜずに飲み、カップの底に砂糖が溜まっているのでそこにグラッパを注ぎ、飲むという変わった方法がある。
 イタリアではポピュラーな酒でだが、通常「食後酒」としてよく飲まれる。
 つまり一番最初から「グラッパ」を注文するのは「田舎者」ということになるのだ。
 以前の会社の時、神戸のイタリア料理屋でイタリア駐在経験のある先輩とこの酒の「呑み比べ競争」をして、腰が抜けて前後不覚になった事も有る。
 その先輩から「イタリア料理」などの知識を沢山教わった。
 例えば「ニョッキ(ダンプリング状のパスタの一種で、ジャガイモと小麦粉との組合せで作られるイタリア料理)」はイタリアの通常の家庭では「木曜日」によく食されているなど(『木曜のニョッキ(gnocchi Giovedì)』と呼ばれる)。

 てな薀蓄を聴いてくれてるのか聴いていないのか、娘も息子もよく食べる食べる。
 ピザを三枚、パスタを四皿、その他「生ハムカルパッチョ」「地鶏トマトソース煮」「ドリア(パエリア?)」などなど(「ニョッキ」も喰った)。
 大人連中も負けじと食って飲んでするから大騒ぎ。
 特に「ビスマルク」という半熟卵と生ハムのピザが絶品で美味しかったです。

 「福澤諭吉さん」がお二人ほど、家出されましたけど。

☆石釜焼きピザ&レストラン
 『St Poupee(サンプーペー)』
  http://www.sanpupe.lunch-box.jp/

【7月17日の「昨日の続きの『減点パパ』」日記】
 さて翌日、娘との約束通り朝の八時から電車に揺られる。
 「単車で」というアイデアも浮かんだが、まぁ一度は「通学時間の調査」という点でも「電車」を選択。

 目的地は娘の第一受験志願校の『●●国際大学オープンキャンパス
 最初に「今日は『減点方式』を採用します。お父さんの学校に対する減点が『マイナス30点』を超えた時点で、この大学の受験資格を貴女は失います」と一方的に宣言する。
 「まずは今日が異様に暑いので、マイナス10点!!
 これは却下されました。

 前に一度、友人とこの学校を訪れた事のある娘の説明によると通学時間は「電車で一時間、そのあと通学バスで30分の合計約一時間半」との事。
 「近鉄電車」が最近「阪神電車」と相互乗り入れを果たし、「近鉄S大寺」駅から乗り換え無しで神戸「三宮」駅まで直行できるようになった。 とはいえ終着の「三宮」まで約一時間十五分。 まぁ「十五分」の誤差なら大目に見てやってもエエか。
 三宮で大学の用意した「通学専用大型バス」に乗り換え。
 しかしこの時点でバスは満員。補助椅子も使用される。
 ところが在校生と思われる「オネエチャン」達の態度が悪い! 二人席に一人でデェーンと足を組んで居座り、横に置いた大型バックを膝の上に乗せようともしない。その上「私たちだけユックリ乗って超態度悪くないって感じぃ~♪」とか抜かしてやがる(本当)。
 しかもその外見が「金髪」のイケイケギャルファッション!(←全員ではなかったが、しかし72%までがブサイク)
 娘さえ同乗してなければ「○っちゃってしまおうか?」とも考えたほどだ。
 「お前らパ○パ○かぁ!?」と大きな声を出して怒りだすワケにもいかず、隣に座る娘に
 『在校女子大学生がドイツもコイツも馬鹿だらけ。減点15点』とメールを送る。
 ちなみにその時の娘の返信「今時の女子大生って皆こんな感じだって」だって。 さもありなん。

 バスは有料神戸トンネルを抜け兵庫県「三木市」の山の中に向かう。 何処までも続く田舎道……
 って遠いよ馬鹿! バスに揺られて40分以上。 こちとらもう膀胱が破裂しそうぢゃ!
 結局「通学時間」、乗り換え時間も入れて「二時間半」掛かっちょるるぢゃないの! このウソつき娘めが!!
 減点10点。

 で、やっと着きました。
 ありゃま、こりゃ貧相…あわわ、清廉な学舎ぢゃのう。 減点5点。
 「オープンキャンパス説明会」を経て、「体験模擬授業」を公聴。
 娘の第一志望の『犯罪心理学』(マジかよ?)。
 いや、この「講義」だけは面白かった。 ワシがゼミに入部したいくらい。
 講義をした『犯罪心理学』博士とも少し「人間(犯罪者)の心の闇」について論議を交わさせていただいた(娘そっちのけで)。
 この点だけはプラス10点回復。

 お昼になったし、学校側から「ランチ無料チケット」を二枚貰ったので「ガクショク(学生食堂)」へ。
 ち、小っちゃぁ~。
 そこで娘に今までの「減点ポイント」を説明。
 ①通学時間の二時間半は掛かりすぎ
 ②「退学率」が高すぎる問題(20%超え)
 ③大学の規模と、「知名度」の就職に与える影響
 ④大学と学生の「質」について(「国際大学」を名乗るのに協定する国は「北米」と「アジア」のみ)etc,etc

  を我が家の経済状況も踏まえて。
 残念ながらこの学校への進学は親の立場から見て認められないコトを宣告する。
 志望校選びはまた振り出しに(戻るたびにまた日が沈んでいく♪) 

 膨れる娘のご機嫌を取り戻すべく、帰りに「三宮中華街」に寄り道して露天で色んなもの(「豚耳」「北京ダック」等々)を食わせたり(私はそれと生ビールを数杯!)、お土産に家の飼い猫に着させる「ドラゴンボール風胴着(猫)」まで買わされましたとさ。

             3d4859bf.jpg

                     072609f3.jpg

【6月20日の「娘の尊敬する作家が『ロバート・K・レスラー』とは如何なものか?」日記】
 朝八時。
 眠たい眠たい目をこすりながら、娘と出発。

 ちなみに私としては画期的に珍しい日曜日の「背広着用(何時ぞやの葬式以来か?)
 昨夜、日曜日の娘との同行に当たって「ドレスコード」を確認してみると、「あまりラフな格好はNG!」という厳しいお達しが。
 でもよーく考えてみると夏用衣類には「背広」か「Gパン&(派手派手)アロハ」しか持ってないのヨ、キミの父親…。
 「ポロシャツ」なんかも一枚も持ってないっス。 嫌ぢゃよ。あんなオッサン臭い衣類は。
 そもそもキミ(娘)の「今日は高校の制服着ていく」って云った言葉を信じて真夏に暑い「背広&ネクタイ」を選択したのに、今朝になって何時になったら「高校制服」に着替えるのかなァって待ってたら「友達に聞いたら、こんな場合『制服』着ていくのはダサいんやて」って結局「私服」着ていくんかぃ! それを「詐欺」って呼ぶんちゃいまっか?
 仕方がないので、プリプリ怒りながら そのまま「背広&私服」組で出掛けていきました。
 『某大学オープンキャンパス体験入学! パフパフドンドンドーン♪

 電車でGO!って感じで、近鉄電車で奈良から大阪「鶴橋」。
 環状線で大阪「梅田」。 そのままJRに乗り換えて「茨木駅」まで。
 ちなみに昨夜、「行き方」を検索した際、どーしても「大阪空港」から飛行機に乗る必要が何回も生じた。
 間違って「目的地」を『茨城』と誤タイプしてたのだ! (だからどーしても到着地が「茨城空港」になっちゃってたの…)

 「茨木駅」前から大学の専用送迎バス(無料)に乗り込む。
 娘に何故この私を同行するに至ったという原因を尋ねると「お父ちゃん暇そうやったからと、今日は『父の日』やったから」という、よく判ったような判らんよーな理由を説明される。「父の日」って、子供から父親になんかプレゼントして感謝の心を表わす日で、けっして父親に金などを使わす日ではないはず…。
 で、着きました!
 『某大学』 (ここまで実地名書けば関西のヒトにはとうに判っちゃうし、何にも考えずに「ボイス」にも実名でカキコしちゃってるしなぁ)
 仮に『O手門学院』とでもしておきましょう(娘の学位成績がバレて丸判りやん…)。
 立派な学舎が立ち並ぶ校区。 明るいキャンパス。
 くくっ! 出来ることならば「学生時代」やり直したいもんだねェ(本音)。

 受付を済ませ、娘の第一志望である「心理学科」の学舎へ。
 現役学生のオネエチャン達が出迎えてくれる(ムサい男の学生も居たのかもしれないが OUT OF 眼中なのだ!)。
 さっそく「心理学科」の体験実験コーナーや展示室などを見学。

 娘は「犯罪心理学専攻希望(阿呆だっしゃろ?)」なので、憧れの「嘘発見器体験コーナー」に他の部署には目も留めず走っていった。
 おおぅ?! 映画やTVで見覚えの有る「嘘発見器(ポリグラフ)」がソコに!
 幸運なことに娘が「憧れの実験体験者」として娘が選ばれた。
 心拍数を計測する機械と発汗を感知する装置だけかと思ってたら、胸囲や腹囲にも装置をつけて「呼吸状態」も観測定するんだって。
 「測定器具」で雁字搦めにされた娘を見て笑う。(画像の背中を向けているのが娘)

 測定判断者のゼミのオネエチャン(だと思う)がまず
 「全ての質問に『いいえ(NO)』と答えてください」という。
 思わず「イイネ!」といいそうになるが、これはmixi(ボイス)してないと判らないから割拠。
 「貴方の血液型はA型ですか?」
 なぁーんだ。あまり面白くない質問ばっかりだなぁ。
 でもグラフ上の赤い針はそれなりに反応して、娘の「本音」を暴きだされる!
 そこで、黙って見学していた後ろ側より声をかける。
 「両親に秘密にしていることは有りますか?」
 針がピーンと飛び上がった。
 「それは異性に関係することですか!」
 測定者が思わず
 「家庭内の不和の元になりますから、お父さんは黙っていてください!
 怒られちゃいました。 トホホ…
 ちなみに、他の見学者達にも一番受けていた質問(野次)
  「カツ丼喰うか?」でした(娘の針も一番振れていた)。
 記念にその「嘘発見器ポリグラフ用紙」を貰って、娘は大満足♪

 そのあと「体験講座」「心理学実験」なども受講して、帰りに梅田で「回転寿司」を食って帰りました(その後「生ビール」で酔っ払って寿司屋に私の携帯電話を忘れてたり、ゲーセンに行って二人でG千円ほど使ったりしたのは『秘密』だ)。

 あーしんど。
  疲れましたわ。
  「父の日」……

                      1274463468459.jpg

【6月06日の「だって、ナンにもしたくないのだもの…」日記】
 天気のいい日曜日でございました。
 四半世紀ほど年下の後輩が、なんでも「コミコミ」なる『同人誌即売会』に出品するとの情報を聞きつけ、天気さえ宜しければ愛車V-MAXにて南港インテックスまで遠乗りしようかと心の片隅に覚えておりましたが、いざココまで良い天気に恵まれますと昼食前に息子に買いに行かせた「たこ焼」を肴に発泡酒を二本ほど空けてしまいまして、後は野となれ山となれで御座いました(長ぇーよ、文章が)。

 傍らで先日「お土産」として買い求めたプラモデル『MG FIGURERISE 1/8 孫悟空 』を造る息子の横で、以前に買い求めていた中古DVD『発狂する唇』を白河夜船の状態で掛けっぱなしのオレさまにて候。
 ちなみに娘は朝から大阪へ出奔を決め込んだまんま。
 やがて私の携帯から例の「Ring a Ding Dong♪」という着信メロディを奏で始めました。
 娘からで御座います。 来年受験を迎える娘は友達と一緒に、大阪梅田まで「大学受験説明会」とやらに出掛けたのでありました。
 「あのなぁ、『神戸○際大学』って知ってる?」
 なんと、「神戸」と「○際」の単語の間に「」とか「」とか、よもや「」などという文字が、万が一でも入りにでもすればテンヤワンヤの大騒ぎとの成りかねない物騒な名前が受話器から飛び込んでまいりました。
 「し、知らぬ。そのような伴天連学校…」
 とは申したものの、何故にその大学の名が飛び出したかという理由を尋ねると娘がいたって興味を持つ「『犯罪心理学』が学べるらしい」「成績優秀者には亜米利加合衆国にて『警察組織』への体験留学制度があるらしい」とのコト。 ナンヂャそりゃ? ホンマかいな?

 まぁまぁ先ずは、その学校の資料なるものでも貰って帰って来なさいと電話を切ったワケで御座いましたが、すぐまた「木村カエラ」の着信音が鳴り響いたのであります。
 「お父ちゃん。前に連れてってもらった梅田の『揚子江ラーメン』って何処やったっけ?」
 勉強は出来ないクセに、美味しい食べ物の記憶だけは良い娘で御座いました。


 《揚子江ラーメン》
   http://restaurant.gourmet.yahoo.co.jp/0002088313/M0027001057/



忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[01/31 時計コピー]
[11/29 BadsMaru]
[11/28 NONAME]
[06/18 石田達也]
[04/16 Awaftma]
最新記事
(10/22)
(02/14)
(02/12)
(02/09)
(02/08)
最新トラックバック
(09/26)
(08/09)
プロフィール
HN:
BADsMARU
年齢:
60
性別:
男性
誕生日:
1959/08/18
職業:
さまよえる会社員
趣味:
快楽追求派
自己紹介:
GUN, MUSIC, MOVIE, BIKE, COMIC, PUSSY CAT LOVE LOVE !!
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(05/05)
(05/06)
(05/07)
(05/08)
(05/09)
P R
アクセス解析